Javascriptが無効になっているため、正常に表示できない場合があります。

部門紹介

login

部門紹介

部門紹介
部門紹介

医局

名誉院長溝口 勝美 精神保健指定医

院 長田中 賢司 精神保健指定医

副院長大竹野 伸二 精神保健指定医

医 員竹澤 千歌子 精神保健指定医

医 員鹿子 恵美 精神保健指定医

医 員山田 芽以

医 員西郡 博亮

臨床心理士寺田 信

臨床心理士金澤 浩之

非常勤医師3名

看護部

私たち看護部は、「(1)精神障害を持つ患者さんの権利を守る。(2)安全で安心な環境を作る。(3)信頼できる人間関係を作る。」の視点を大切にし、理念に『患者さんの人権を遵守し、安全で信頼される最善の看護を提供します。』を掲げ、日々のケアに当たっています。
また、専門性を高める教育を行い、チーム医療を実践すること、それぞれのワーク・ライフ・バランスの実現に協力し、笑顔で働きやすい職場をつくることに心がけています。

看護部

デイケア室

外来者を対象とした通院治療の一つです。看護師、作業療法士、臨床心理士、精神保健福祉士(ソーシャルワーカー)が相談にのりながら、仲間と一緒にリハビリをして、病気や自分の生活を前向きにとらえていくところです。

デイケア室

作業療法室

当院の作業療法室では、入院されている患者さんを対象に作業療法を行っております。作業療法(OT)とは、医師の処方箋に従い、さまざまな作業活動や人との関わりを通して心と体の健康を取り戻し、その人なりによりよい生活を送っていけるように援助していくものです。各々の目的に合わせた、集団プログラム・個別プログラムを実施しています。
プログラムの詳しい内容は、作業療法室までお尋ねください。

作業療法室

作業療法の目的

  • 生活リズムを整え、活動と休息のバランスをとれるようにしていきます。各々が有意義な時間が過ごせるように様々なプログラムを提供しています。
  • いろいろな方と作業活動を通して交流する機会を提供することができます。スタッフとの関係をもとに人とより良く交流していけるような体験ができる場所を目指しています。
  • 自分を表現したり、自分ができることを確かめ自信を回復したりできるよう援助します。
  • 今後の生活に必要な生活技術を具体的に考え獲得していくなど、自立した生活や退院のために必要な準備を具体的に行っていきます。

地域連携室

ソーシャルワーカーが、患者さん・ご家族の相談を受け、安心してよりよい治療・生活ができるようにお手伝いさせて頂いています。

地域連携室

薬局

私たち薬剤師は「くすり」の専門家でなければいけないと思っています。患者さんが安心してくすりを飲み続けられるよう「私たちにできること」を模索しながら日々努力をしています。疑問・相談などございましたらお気軽に薬局までお立ち寄りください。

薬局

薬局の取り組み

  • 薬剤管理指導を実践する病棟活動 患者さんの入院から退院までのお薬について一人ひとりに丁寧に対応しています。
    患者さんに正しい服用方法や効果、副作用などの情報を提供しています。相互作用や重複投与はもちろんのこと副作用歴、アレルギー歴なども確認して、安全な薬物治療が行えるように、医師・看護師へ情報をフィードバックしています。
    また、病棟に配薬カートを設置し薬剤師が関与することで誤薬防止にも努めています。
  • 統合失調症向け心理教育・家族教室の開催 統合失調症の患者さん・御家族を対象とした、講義やグループワークを定期的に開催しています。心理教育は、統合失調症の再発予防や治療上とても大切なことです。医師、臨床心理士、看護師、薬剤師、作業療法士、精神保健福祉士などの多職種チームでサポートしていきます。

栄養室

日々の食事を通して、料理で栄養バランスと健康に関心を持って頂けるようアピールしていきたいと思います。

X線撮影室

当院では、胸・腹部及びその他一般撮影装置と頭部等、全身撮影できるマルチスライスCTで対応しております。